WeChat

居間・リビング

居間・リビング用加湿器

居間・リビングの理想的湿度と温度

リビングは生活でリラックスするための重要な場所です。夜になると、リビングで過ごす時間は長いものです。心からリラックスするためには、快適で心地よいと感じられる雰囲気、環境がとても大切です。

ここでは良好な温度や湿度が整った室内環境が、非常に重要な要素となります。居間での最適な温度として20℃、湿度としては40%~60%が推奨されています。でも、このように室内で理想的な値を維持するのは、容易なことではありません。これらはリビングだけでなく、ほかの住居空間でも適用される値です。住居空間には、一日の間で何時間も滞在するすべての部屋が含まれます。従ってダイニングルームや、そこに長期滞在している人がいればゲストルームも住居空間として数えられます。 

住居空間の空気が乾燥し過ぎか、湿り過ぎか?

湿度は低すぎても高すぎても、そこに長く滞在するには好ましくない影響を及ぼします。ことに寒い冬の季節には、屋内で暖かくリラックスしたいものです。でも暖房することで空気から湿度が奪われ、乾燥してしまうことが多いのです。しかし冬だけでなく、夏の暑い日にも空気が乾燥し過ぎることがあります。

蒸し暑い、温度の高い室内空気は、それが長く続くと不快なだけでなく、いろいろ悪影響をもたらします。反対に湿度が40%を下回ると、目や皮膚、粘膜が刺激されてしまいます。

湿度が60%以上になるとカビが発生しやすくなるなど、やはり悪影響が出ます。カビは建物の建材に悪影響を及ぼすだけでなく、健康にとっても非常に有害です。

どのように住居空間で乾燥した空気ができるのでしょうか?

空気が乾燥しているとよくいいますが、何を意味しているのでしょうか? 反対に、外が雨模様だったり雪が降っているときこそ、うちの中が暖かく乾燥している方が気持ちがいいのではないでしょうか? 実はそうではないのです! もちろん室内の空気は熱帯気候のような多湿であってはいけませんが、空気が乾燥し過ぎているのも不快なものです。ちょうどよいのは、平均した湿度です。湿度とは大気中の水蒸気の形で含まれる水分の割合を指します。空気には窒素、酸素、二酸化炭素やその他の気体のほか、水蒸気も含まれています。空気中の水分が気圧や温度によって変化することを知っている人は少ないです。空気が暖かければ暖かいほどその中に含まれる水分の量も多くなるのです。冷たい空気は反対に水分含有量が少なく、暖かい空気より乾燥しています。そのような乾燥した空気は(床下などの)暖房で暖められても、自動的に湿度が増えるわけではありません。水分のないところで空気が水分を吸収できるはずがないからです。そこでご存知の通り、暖房していると乾燥した空気ができてしまうのです。

できるだけ自然な、気持ちよい生活を

リラックスして時間を過ごしたり、家族や好きな人と快適な時間を楽しむには? リビングはその為に、あなたが気持ちよくいられる空間であることが必要です。

気持ちよい環境を作り、同時に快適な室内空気を得ようと思うなら、室内に観葉植物を置くのが便利です。そしてエアウォッシャーも快適な空気のためのお手伝いをいたします。エアウォッシャーにより健康な湿度が保たれ、自然な方法で有害物質を減らしてくれるだけでなく、居間やその他の住居空間に自然で快適な空気をもたらしてくれます。

ベンタの原理は以下のように機能します:

室内の空気はファンを通じ、水の入ったエアウォッシャーに導かれます。ここでは微妙に配列されたローラーディスクが水中で回転するようになっています。このローラーディスクの表面を通じて清潔な水が気体となって室内に送り込まれます。同時に埃や花粉などの有害物質がディスクにキャッチされ、水で洗われてから機器内で収集されます。