WeChat

寝室

寝室用加湿器

寝室の理想的湿度

寝室は社会生活から離れてプライベートにもどる場所、夢見る場所、そしてもちろん睡眠を取る大切な場所です。人はほぼ平均して6時間から10時間、つまり少なくとも1日の4分の1を寝室で過ごすといわれています。だからこそ寝室の室内環境が良好であることはとても重要です。しかし推奨湿度は40%~60%の間、最適温度は16℃から18℃の間なのですから、それを達成するのはそう簡単なことではありません。これらの値は、夏であろうと冬であろうと変わらず推奨されるものです。これらの値が上回っても下回っても、回復を促す心地よい睡眠に影響を及ぼしてしまうのです。

寝室が乾燥し過ぎていると?

冬のように、外が寒くていやな季節には寝室で気持ちよく横たわりたいものです。でも、暖房は空気からさらに湿度を奪い去り、その他の季節でも室内では空気が乾燥しがちです。

湿度が多すぎても同じように悪影響が起こります。さらにカビが発生する危険も増します。

どうして寝室は空気が乾燥しがちなのでしょうか?

空気が乾燥しているとよくいいますが、何を意味しているのでしょうか?反対に、外が雨模様だったり雪が降っているときこそ、うちの中が暖かく乾燥している方が気持ちがいいのではないでしょうか? 実はそうではないのです! もちろん室内の空気は熱帯気候のような多湿であってはいけませんが、空気が乾燥し過ぎているのも不快なものです。ちょうどよいのは、平均した湿度です。湿度とは大気中の水蒸気の形で含まれる水分の割合を指します。空気には窒素、酸素、二酸化炭素やその他の気体のほか、水蒸気も含まれています。空気中の水分が気圧や温度によって変化することを知っている人は少ないです。空気が暖かければ暖かいほどその中に含まれる水分の量も多くなるのです。冷たい空気は反対に水分含有量が少なく、暖かい空気より乾燥しています。そのような乾燥した空気は(床下などの)暖房で暖められても、自動的に湿度が増えるわけではありません。水分のないところで空気が水分を吸収できるはずがないからです。そこでご存知の通り、暖房していると乾燥した空気ができてしまうのです。

リラックスしたまま、睡眠に必要な良好な空気を

快適な生活を楽しみ、エネルギーに満ちた気持ちのいい朝を迎えたい、そのために夜はリラックスして深い睡眠が大切とお考えではありませんか? 寝室こそ、疲労を回復してエネルギーをチャージアップする大切な場所であるべきです。

疲れを癒す睡眠には快適な室内環境がとても重要です。Ventaのエアウォッシャーが心地よい眠りをサポートします。エアウォッシャーは寝室の、暖房で乾燥し過ぎな空気に湿度を補給しながら、40%~60%という理想的な湿度を年間を通じて保ちます。

ベンタの原理は以下のように機能します:

室内の空気はファンを通じ、水の入ったエアウォッシャーに導かれます。ここでは微妙に配列されたローラーディスクが水中で回転するようになっています。このローラーディスクの表面を通じて清潔な水が気体となって室内に送り込まれます。同時に埃や花粉などの有害物質がディスクにキャッチされ、水で洗われてから機器内で収集されます。